LESSON 130

  • 2013/02/06(水) 23:27:33

7巻 バロックシリーズ。

3, sonata NO.1  handel

3楽章
緩除楽章。長い音の中にも動きをもって。

4楽章
バロックのイメージをもって。べたべた弾かない。
軽く、きらびやかに。。。でも弓がはねまくって制御できないんです。

2013バョ目標

  • 2013/01/01(火) 01:35:30

明けましておめでとうございます(^O^)/

年始を迎え、恒例の目標を掲げ、今年のスタートです。
しかし、昨年は子供の受験をはじめとする子育てや、仕事の多忙さで、練習時間がこれまでよりも確実に減ってしまいました。。。

まず、昨年はというと・・・

・オケ3年目。
 定期演奏会もこれまでで5回出演。オケの舞台には慣れてきた、というか、度胸がついたかな。

・レッスン20回
 相当減っていると思いきや、一昨年の16回より増えてるし。月1.5回ペース。レッスンで得ることは多く、1人で練習していては、見えないものがたくさんあります。曲を弾く、というよりは、曲を表現するには、経験と知識が大事ですね。
  

−−−−2015年 バイオリン5年目の目標−−−−

昨年もあまり目標といっても漠然としていて、1年間進歩のあるようなないような。

今取り組んでいる課題が、今年1年の課題になるかな。

今は、ヘンデル ソナタ NO.1 をそこそこ弾きこなすべく、重音を正確にしていくこと。
あとは、大分ましにはなってきたけれど、弓が弦の上をスベルのを減らすこと。
オケでも自信なくふわふわ弾いてると、スカスカと音がでません。
fをガシガシ弾けるように。


上の練習のため、バッハ無伴奏を次の課題として先生は進めてくれているので、suzuki教本は一旦卒業してバロックで音楽というか楽譜の読み方を勉強したいですね。

今年の夏は、発表会の年。
昨年のピアノ発表会でのへろへろぶりは記憶に新しいところ。。。早く記憶から抹殺したい。。。
ソロの舞台でいつもどおりの演奏をすること、も目標ですね。

真夏なのにスプリング♪

  • 2012/08/05(日) 23:21:32

終わりました(>_<)
というか、時間は過ぎました。

昔のピアノの先生からお誘いのあったピアノ発表会での、バイオリン演奏企画。

京都市内の立派なホールで、広〜い舞台の上に一人立つだけでも、足がすくみます。
そこで、演奏なんて。。。



10時のホール使用可能時間に伴奏者と待ち合わせをしていたのですが、伴奏者さまの楽譜を忘れるというハプニングで、別室のピアノで合わせの練習。
いつもどおりに、いい感じで終えて、会場リハへ。

時間の都合上、リハは立ち位置の確認とさわりの演奏。
さわりだけさらっと弾くはずが、メロメロのヨレヨレに。
なんで、こんなはずでは、、、と心で叫ぶも、心臓ばくばく、お手々ブルブルで、自分の体でない感じ。

子供達から、かわいそうな人に見られてた状態。。。

そんなこんなで、本番。

特別出演のコーラスの方々が終わって、特別出演その2の小生の出番。
リハでの失敗を克服すべく、、、楽譜ガン見で周りを視界に入れず、いつもの練習、練習と言い聞かせて。

指は回らないは、音は鳴らないは、音程も所々ビミョーな感じで、、、そんなドキドキが伴奏者にも伝わって、何度か合わせた時の確認点もぶっとび、、、でも、大きなズレなく、終了。

「のだめで有名なスプリング」なんて、場内の紹介されましたが、みんなの期待を大きく裏切ったことと思い、なんか、申し訳ない感じ。


やっぱり、選曲としてレベルが高かったか、と終わってから気づくも、既に遅し。

でも、事前の伴奏者との合わせでは、それらしく弾けてた(個人比)ということは、本番に弱いということが最大の問題かもしれませんね。
これだけは、場数を踏むのと、技術的な向上で乗り越えていくしかないですね。


社会人の方も、2人(うち1人は小生の伴奏者)参加され、子供達の模範になる、いや、あこがれとなるような演奏をされてました。

いろんな世代やジャンルの演奏があり、とてもいい発表会。
そんな中に参加させてもらって、演奏内容はともかく(T_T)、今日に至る過程も含め、とっても楽しかったです。

今日は、「予選落ち」といったところですが、次は「決勝進出」し、自分に金メダルをあげられる日を目指して、精進です。

4周年

  • 2012/03/08(木) 00:30:29



本日めでたく?4歳を迎えました(^^♪

ユウのVc2歳のお誕生日は、知らぬ間に過ぎてました。。。ゴメンヨ〜

5年目だから、どうやってことはないけれど、、、年月の割に上達しているか不安なところはありますが、、、気持ちは初心者(実力も??)で、まだまだ新鮮な気持ちで練習できてます。

知れば知るほど、上達すれば上達するほど、バイオリンや音楽の奥深さもや難しさ、楽しさもますます知ることになり、、、まだまだ先は長いです。

ゴールのない道のりですが、その先に待つ楽しみや感動に出会うため、日々精進です。

2012バョ目標

  • 2012/01/01(日) 00:44:25

明けましておめでとうございます(^O^)/

年始を迎え、恒例の目標を掲げ、今年のスタートです。

まず、昨年はというと・・・

・オケ2年目。
 定期演奏会もこれまででトータル3回出演させていただきました。
 
・初発表会
 初めてピアノ伴奏と合わせて弾きました。
 ラ・フォリア(コレルリ)。
 何度も伴奏者と合わせてもらったり、ピアノの先生のところにレッスンに行ったり、新たな経験。

・レッスン16回
 相当ペースダウン。。。今の職場も長くなり、仕事のボリュームも増えて、さらに、子達も大きくなり、金銭的にも時間的にも厳しく。。。 

・日々の練習
 基礎練習は、音階系はそこそこやってるけど、重音はほとんどできてません。
 

思い返せば、夏の発表会が経験値を上げてくれたような。


−−−−2012年 バイオリン4年目の目標−−−−

なんか、あらためて目標とすべきことが明確に思いつかないので、精神的なことになってしますのですが、、、

1 基礎練
 毎回の練習で、3度、6度、8度の重音を。

2 エチュード曲
 クロイツェル始める。独学で進められるやろか。。。

3 鈴木教本
 レッスン回数が不確定なので、どこまで合格もらうかを設定しても意味がない。
 音を「弾く」ことではなく、曲をつくる。意識を高く。イメージを豊かに。

4 オケ
 練習では度胸?もついて、最近では結構音出して、、、結果、乱しまくってます。
 まだまだ、難しいパッセージでは、ついていけません。
 楽譜も膨大なので、効率よく弾けない部分を底上げしていく練習をしないと時間がなんぼあっても足りません。


以上。


 1つ1つの課題をクリア(先生に○をもらう)していく教本の練習から、オケの曲がメインになり周りの弾き方を真似したり、自分の苦手な箇所を抜き出して練習したり、自分で近道(であろう)練習内容を決めていくことが多くなってきた。
 なので、人に評価されないとなかなか進歩が実感できないのか、最近は停滞気味、さぼり気味な感も。。。ポテンシャルを維持するのが難しい。
 1stバイオリン1人のときでもオケの音楽を作れるように、ぐらいの意識でがんばります!

カウントダウンメーカー


にほんブログ村に参加中
ポチッとクリックしてね〜
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ