仕事まみれ その2

  • 2008/02/29(金) 02:14:25

明日の会議の準備が22時に完了。
それから、明日朝までに校了しないと期限に間に合わないパンフの打ち合わせに出掛け、終了が24時30分。
しかし、形に残る仕事が出来るのは達成感もあり、がんばり甲斐もあるってもの。


目の前の完成期日が決まったものを処理することで精一杯で、3月の先取りなんて、、、。弱気気味。

来週、再来週も山また山。

jasmineさんは、モギトリに向けてミシンかけてます。

仕事まみれ

  • 2008/02/28(木) 00:17:49

今日も帰宅は24時前
日記なのにブログ更新が日を跨いでいるし〜。

年度末は仕事を収めていかないと行けないので、何かと忙しい。

3月は、委員会、フォーラム、審議会、審議会と、大イベントが目白押し
しかし、バイオリンが到着するまでに仕事を前倒しして、3月は5時から男になるのさ。
と、無理なことを言ってみる。

今は、目の前のにんじん(バイオリン)のために、仕事に集中してま〜す。

さて、今から本日の残りの仕事整理っと。。。

太郎吉(たろきち)コンサート その2

  • 2008/02/27(水) 00:58:57

たろきちくんの演奏会 その2

2曲目は、マーラー/交響曲第9番ニ長調

数えると120人ほどのオーケストラメンバー。
その数にまず圧倒。
曲は…、難解。聞いていて心安らぐ系ではなく、作曲者が音楽を通じて表現したい世界を考えさせられる曲。
曲の流れのキーワードは、「生への憧れ」「諦め」「死の予感」「圧倒的な破滅」「安らぎ」、そして、最終楽章では、「死への執着や回顧」「死の影への畏れと受容」。
最後は死んでいく?かのような、弦楽器のか細い音色がかすれていき終息。

最後は大きな拍手の渦。「のだめ」みたく「ブラボー」はでなかったけど(シャイな日本人。)感覚的ではあるけれど、完成度も高く、練習の努力が伝わってくるようでした。

演奏時間 85分。
その集中力にも感動。
皆さんお疲れさまでした。

身近に目標とする人ができて、ますます一人で盛り上がってます
はやくこいこいバイオリン。

太郎吉(たろきち)コンサート

  • 2008/02/26(火) 01:21:05

本日も、山田太郎くん、大学では、「たろきち」と呼ばれてた彼の演奏会。
いつもお客さんが少ない、とぼやいていたものの、ほぼ会場は満員。
てるてるは中程の通路側の席。ゆったり観賞。

1局目の演目 「モーツァルト 交響曲第36番」リンツ。

モーツァルトは旅の途中、リンツ滞在中に、伯爵であったトゥーン・ホーエンシュタインが新曲披露を依頼。しかし、手持ちの曲がなかったため、4日間という早さで作曲した、という有名なエピソードから、この交響曲は『リンツ』という愛称で呼ばれているとのこと。

音楽を批評するボキャブラリーがないので、感想が書きにくいが、いわゆるモーツァルトらしい美しくわかりやすい旋律が印象的な曲。
しかし、1日経つとメロディーすら覚えてへん

バイオリンは、現在、お店屋さんがいくつか条件に合うものをお取り寄せ中。
バイオリン購入まであと○○日…。。。

祝 てるてるブログ立ち上げ!!

  • 2008/02/24(日) 23:08:26

バイオリンが手元にないので、本題に入れないのですが…。

今日は、大学の部活の友人の所属しているアマオケの定期講演会に(モチベーションを上げに)行って来ました。

モーツアルト/交響曲36番ハ長調<リンツ>
マーラー/交響曲第9番ニ長調
の2曲が演目。20周年ということで、会場、選曲とも奮発したらしい。

待兼交響楽団


大学の体操部の友人「山田太郎」(一部偽名)は、1曲目のバイオリンのコンマス!!
すご!!凄く輝いていました!
10年前に聞きに行ったときは、半分以上睡眠時間でしたが、今回は、自分が演奏しているつもりで聞いていたので、睡眠は「こっくり」程度。

いつかは、あの舞台に立つことを目標に、本日、ゼロからブログとともにスタートします。
とりあず、楽器購入しないと
そうさ、まだ、スタートにも立っていないのさ。

沢山書くとネタがなくなるので、感想は小出しに。

カウントダウンメーカー


にほんブログ村に参加中
ポチッとクリックしてね〜
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ