音を!音を!

  • 2008/06/11(水) 23:13:37

って、現在使用している鈴木さんの教本には書いてありまして。

今日も昨日のレッスンで分かった課題を克服すべく、1時間ほど練習したけれど、先生の音にはほど遠く。。。

感情移入したくても、音程が正確でないのが気になって、それどころでないわけで。。。

昨日のレッスンで感じたことは、「これで弾けた」と思ったらダメで、弾けたと思ったらそれ以上の進歩はないってこと。
音や演奏には「これが最高のもの」といったゴールがない限り、常に、良い音を追求していく姿勢が大事だ、ということを鈴木さんもいっているんだろう。

練習時間がいくらあっても足りないよ〜!!

カウントダウンメーカー


にほんブログ村に参加中
ポチッとクリックしてね〜
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ