ちょっと息抜き

  • 2009/03/30(月) 23:18:25

結婚して10年目。
Sweet 10 Diamond はあきらめていもらって、家族で清水の舞台から飛び降りるつもりで、沖縄に飛んできました。(沖縄ごときで大袈裟な・・・、でも大家族は先立つものの確保が難しくて。。。)

嫁のお母さんと嫁、子達の遭わせて6人。
27日に神戸空港から、3泊4日で出発!!

実質、中2日が現地での活動可能日。
那覇市内国際通り散策、美ら海水族館、フルーツランド、琉球ガラス体験、シュノーケル、シーカヤック、琉球村、ホテルのプール・・・。

天気が不安定だったけど、海に入っているときには雨が止んでよかった〜。
水族館もいいけれど、実際に海の磯に出て、ヒトデ、貝、ナマコ、ウニ、ヤドカリなんかを手にとったり、珊瑚の海で手に届きそうなところを泳いでいる魚たちを観ながら解説してもらうのは、子達には貴重な経験。
パパ、ママ、おばあも、ゆったりとはいえなかったけれど、癒されてきました。

子供達も大満足で「また来たい〜。今度いつ〜?今度の夏ね〜?!」などと、勝手に予定を決める始末。家計について現実の厳しい話をしっかりしておきました。








また、明日からは現実の生活が始まるけれど、休んだ分がんばらねば(汗
バイオリンも。(汗汗


LESSON 37

  • 2009/03/18(水) 23:10:01

暖かくなり花粉飛び交う中、お目目しょぼしょぼ、鼻水じゅるじゅるしながらレッスンへ♪

先生「今日は何からしましょう?」
小生「(・_・)...ん?、いつもの音階しましょうか?」
先生「次回から、弾き方が分からない部分や、自分で練習していて見てほしいものを持ってきてください。」

おおっ!なんかレッスン内容が1ランク上がったような。
次回からは、WOHLFAHRTで弾き方を確認していところを教えてもらおう。

先生「じゃあ、2ndポジションしましょう」
小生「おっ、3ポジ卒業ですか??」
suzuki教本では、5ポジの前に2ndがでてくるので、こちらを先に。
2ポジ、4ポジができると、演奏が楽になるらしい。

各線で音階とポジション移動の練習。
これからは、3ポジはそこそこに、2ポジ、5ポジの練習を始めることとします。
1-3のポジション移動をやったから、あとは、そのバリエーションやね。

曲は、suzuki3巻「5 ガヴォット(ベッカー)」
前回レッスン終わった後には、ゆっくりしたテンポで細かいところも気をつけてたのが、最近は曲に飽きてきたのか、CD並みのテンポで弾いてて雑。。。レッスンでも早くなったテンポを戻せず、細かい部分がボロボロ。

指が回らずごまかしている部分を、いろいろなリズムで繰り返し練習。
いろいろなパターンでコントロールできて、はじめて普通のテンポでコントロール出来る。

今日の名言です。

一応、○。
弾けてる、とはいえませんが、今の段階では限界に近いので。

次の「6 ガヴォット(バッハ)」も通して演奏。
演奏技術のパターンは少なく、それぞれのポイントを教えてもらって終了。
4分音符と8分音符のスタッカートの弾き分け方が難しいです。
しかし、すべて1回ずつリピートして、最後にDCするので、譜面にすれば5ページ、、、集中力が。。。
ABAの構成・・複合三部形式。

そろそろ、3巻の終わりが見えてきた〜。

体験オケ

  • 2009/03/15(日) 21:03:46

シメジ先輩から、前回の「アンサンブルするの」でお誘いいただいた体験オケに行って来ました。

我が町のお隣のまちのK市民管弦楽団。
まだ発足して3年ほどだそうで、モットー世代を超えて楽しく、だそう。

駅集合時間の15分前まで、持ち物の準備でどたばたしてたけど、車でdash!
しめじ先輩、KOTOKA姉さん、タカヨさん、ぐっさんを駅でpick upして会場へ。





バイオリン同士でのアンサンブルの経験はあったけれど、ピアノ以外の楽器と合わすのはこれが始めて。
これで、今年の目標1つクリアってことでいいのか?

参加楽器は、バイオリン、チェロ、コントラバス、フルート、ホルン、トランペット、クラリネット。総勢約20名(+子達)。

ウォーミングアップがてら音符が少ない曲からスタート。

・千の風になって
 →楽しゅう弾かせて頂きました。♪しかし、テンポ不明のまま指揮が始まるのはドキドキですな。

・ふるさと
 →運指の番号が振ってないので、何ポジで弾いたらいいかわからん。以下同じ。ボーイングもしかり。

・青い山脈
 →3ポジ弾けるようになっててよかった。スラーの音階早引きについていけない・・・。

・となりのトトロ
 →トトロと甘くみてると返り討ちに合います。リピートやらダルセーニョやら、楽譜のどこに飛ぶか目が回ります。

・愛の賛歌
 →ねっとり、まったり。楽譜的には一番弾きやすかったかな。

・ハンガリア舞曲
 →ブラームス。べったりねっとり。テンポの揺れ幅が大きく、指揮者の指示を確認。なんとか重音と16分音符は若干無視しつつ。

・春の声
 →ヨハン・シュトラウス。3拍子のワルツ。部分部分で切って、指揮者からの指示があったわけですが、、、2ndのずんちゃっちゃっをひたすら刻んでいた私には、途中で止められると、次に始める場所が分からなくなり、、、一人指を口にくわえて見てました。。。不本意ながら破れ去りました。


1時から5時で休憩も挟みつつ。
指揮者先生のお人柄がよく出ていて、皆を和ませながら指示を出されます。
笑いの絶えない楽しく、でも緊張感ある練習でした。

でも、めっちゃ気持ちよかった〜( ̄ρ ̄)ハゥゥ
(ハンガリア舞曲 弾けた気になってます。←甚だしい勘違い)

ある程度の早引き、5ポジ、7ポジ、重音など、技術的にまだまだ足りません。とにかく、今の課題を一つづつクリアしていくことですな。日々精進あるのみ。
すぐにでも入団させて頂けるお誘いも頂きましたが、練習は休みの日にあるので、家族ともよく相談してゆっくり考えていきます。
それから、自分が目指していくバイオリン道のこれからのことも。

バイオリン歴 満1才〜

  • 2009/03/07(土) 19:57:34


バイオリンが我が家にやってきてから
今日で1年が経ちました。

この1年間バイオリンの練習に相当の時間と¥を割いてきたわけですが、、、
楽しくバイオリンライフを満喫していますo(*^▽^*)o

ピアノはぼちぼち弾いたり弾かなかったりで、♪を追うだけしか考えなかったのですが、バイオリンはその多彩な表現方法の故か、オーケストラデビューを前提としているためか、音楽の背景や楽譜の構成などを意識するようになりました。
すごく奥が深い!!たぶんピアノでも同じ事を考えないといけないんだろうけれどね〜。


年始には目標も宣言したことだし、とりあえず、12月までにはドッペル弾きマス。合わせマス。

これからも日々精進。永遠に続く道・・・。


究むれば道自ずから天に通ず

LESSON 36

  • 2009/03/06(金) 23:54:17

明日で、結婚1周年!!


・・・ん・・・ちが〜〜う。
Violin歴1周年です!!

と、そんなHTMLのミスに気付きながら放置しつつ、レッスンへ。


ビブラートの練習。
C-durの3ポジ・ロングトーンで、弓の半分ノンビブラート、半分をビブラートで弾く練習。
メトロノームを使いながら、テンポを徐々に上げて限界に挑戦していきます。
早くなると、指で揺らそうとするので、あくまで手首の動きに指が連動して動くように意識。
4分音符程度の短い音に、ビブラートを入れる練習が次回までの宿題。


曲は、suzuki3巻「5 ガヴォット(ベッカー)」
結構、弾き込んだし、前回指摘事項もほぼクリアできたので、次にいけるかと思いきや、完成度を上げる方向に。

アップの一弓連続スタッカートがいまいち。
どうも、右手の人差し指を使えていない様子。
これはボーイングそのものの課題。
なかなか、同じ音色をそろえるのは難しいデス。

次に、音がスカッと流れることがある。
これは、弦と弓が噛んでいないため。
滑舌よく音を出すには、弓と弦の位置に注意。

あとは、曲でスピッカートを使う練習。


今日も充実のレッスンでした。
次回(10日後)までに出来るようになるか心配。。。

カウントダウンメーカー


にほんブログ村に参加中
ポチッとクリックしてね〜
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ