アンサンブルに参加したよ♪

  • 2009/12/23(水) 23:33:54



に参加させていただきました。通算10回目だそうです。

前回
参加させてもらったのが2月だったので、ほぼ1年振り。
個人的には通算3回目の参加です。

KOTOKA塾長を筆頭に、
takeさん、DoReMi♪さん、ふゆきさん、梨本カズキさん、
たからさん、山葵さん、そらさん、fさん、やまさん
と小生。総勢11名。

そういえば、はじめて参加させてもらったのも、去年のクリスマスシーズンだったのを思い出しつつ、同じ曲を弾いたときに、初参加から1年間でどのくらい成長できてるのかも(成長していないか、かも。。。)確認できるのでは、と。

少なくても、1年前は、1stポジしかしてなかったし、ビブラートもできなかったし、技術的な道具は増えましたね。
あとは、みんなと合わしたときに、どうか。


曲は、クリスマス特集で♪
きよしこの夜、ジングルベル、もみの木、諸人こぞりて、アヴェヴェ、星に願いを、アヴェマリア(シューベルト)、愛の挨拶、アメージンググレイス、埴生の宿、ホーンパイプ、カノン、主よ、ソナタ月光、空飛ぶお城の曲など
(山葵さんのページからコピペ。スミマセン。)


普段のレッスンや練習では他の人の音を聞きながら弾くという機会がないので、この辺りは1年前から変わってないかも。
多少は精神的な余裕もできたので、伴奏パートでは、メロディーラインを聞きながら合わせる、メロディー担当では音量多めかつインテンポで他の人が弾きやすく、に注意(したつもり。)

自分の音量がどれくらいなのかがよくわからず、結構頑張ってても、「今の1stの音量足りないね。」と言われることがしばしば。
なので、弓圧を掛けて弾くと、右肩にちから入りまくりで、ギコギコ鳴るし。。。
音量を出したいときは、弓の量を増やすのが良いと、やまさんのボーイングを見ながら感じたのはすでに終盤。。。

今回いろいろ収穫ありました。
「落ちてたまるか」という緊張感と、うまく調和したときの心地よさを久しぶりに堪能しました〜♪。


恒例の「おやつ山」は回を重ねる毎に隆起してるような。。。
プリンやアップルパイも頂きました。



プレゼント交換も。


どなたのプレゼントかしら??
ちなみに、小生のはお隣の梨本さんへ。


夜の部にも初参加。




主催していただいたKOTOKA塾長様、楽譜や夜の部の手配をしていただいたやまさん、ありがとうございました。
参加者の皆様、お疲れ様でした
また来年もアンするしましょうね〜。

デビュー決定

  • 2009/12/22(火) 23:42:38

発表会、といっていいのかわからないですが、発表の場に出させていただけることになりました。

ハルハルのYAMAH○のミニ発表会が1月9日にあり、先生がパパがバイオリンを練習していることを知っていてくださって、「一緒にでませんか?」と声をかけていただいたものです。

社交辞令程度に声を掛けたのに、本当に出るっていわはった〜、と思われているかはさておき、先生が伴奏して下さるというこの機会を逃すわけには行きません!!

曲を選んでおいて、ということで、決めました。

愛の挨拶(エルガー)

です。

馴染みのある曲で、あまり背伸びせず、短期間で仕上げられるのでは、ということで選定。時間もなかったので、ほぼ思いつきですが。
あ、あと、jasmin様が好きな曲だし。。。(。・・。)ポッ

楽譜は「ヴァイオリンのしらべ」から。

ホ長調の楽譜が多いけれど、ニ長調に編曲されていますので、多少は簡単になっているかと。


気持ちよく歌う演奏を目指します。
暗譜できるかな〜。

LESSON 63

  • 2009/12/18(金) 23:50:17

■WOHLFART 
 今回18番をもー1回ということだったんだけど、次行きましょということで、19番。
 多少予習してるとはいえ、心の準備が・・・。

  初Es-dur。
  全てテヌートなので、ねっとりと。

  中弓、元弓で弾いてみる。
  元弓はギリギリまで手元まで使い、だんだん中弓側にうつらないように。
    

■Concerto in G Minor 協奏曲ト短調 第1楽章 A.vivaldi 6回目
  
 今日は仕上げの日。たぶん。

 最初から3ページ分通して弾いてみる。
 ちょっとテンポ早めになりつつも、丁寧に丁寧に。まる欲しい〜。

 弾き終わった後に、先生の拍手。
 ちょっと感動。

 でも、何回かつっかえたし、1ページ目下段の3連符ががたがただっけど。。。

 3連符の部分は、1拍目を大事に。
 フレーズの切れ目を意識。
 分散和音は指の関係を把握。

 ということで、やっとこさ


 時間が余ったので、第2楽章adagioのポイントを解説してもらい終了。

 2,3楽章はさらっと終わりたいな〜。

LESSON 62

  • 2009/12/11(金) 19:01:04

今日もいつものように、週末金曜日の20時からレッスン♪
明日から休みの開放感とともにレッスンにいくべしで、家で子達にご飯を詰め込んで、風呂入れて、19:30には出動〜、と準備していると、18:55に先生からTEL。

先生「今、どこですか??」
小生「どこって、家ですが・・・、(あっ!!!!!!)、今日は、、、19時から、、、でした、、、、っけ、、、」
先生「実は20時からの人がもう着ちゃってまして、20時にしてもらえますか。」
小生「はい、いいですよ。」
   (何故か、お願いされている立場)

レッスン初ぶっちかとおもいきや、たまたま、もう一人も間違ってくださって。
その方と気が合いそうだわ。



仕事で緊張続きだったので、他のことに注意散漫な感じ。
さて、気を取り直して、、、


■WOHLFART 
 18番 8分音符の12連スラー。

    6連ずつ固め弾きで、メトロノームでテンポ指定。けっこう早い〜。
    間違う苦手な部分を集中練習。
    移弦を伴うときにも音の粒がそろうように。
    次回もう一度。
    

■Concerto in G Minor 協奏曲ト短調 第1楽章 A.vivaldi 5回目
  
 2ページ目後半からのsoloを中心に。

 ・低弦で音量を出すときには、毛全体を使って。むしろ、手首を手前に向けるつもりで。
 ・分散和音。すべての音がすべらない、かすらないように。
 ・例えば、pのフレーズでも、その中で抑揚はつける。

 
 次回は最後まで通して。

クリパ その1

  • 2009/12/05(土) 23:22:52

12月に入るやいなやクリスマスパーティー!




子育てサークルの集まりで、10家族ちょい、子供の人数は、、、野鳥の会の力を借りなければ数え切れません。

みんなで分担して企画しました。
和洋中の食事、ビンゴゲーム、サンタさん登場など。
小学3年生のソプラノリコーダーの演奏も。
演奏はよかったけれど、聞く方がちょっとね〜。大人も含めて。


そろそろ、家族でアンサンブルしてみたいなとも思うけど、発表の機会がないとなかなか腰が上がらないです。

カウントダウンメーカー


にほんブログ村に参加中
ポチッとクリックしてね〜
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ