LESSON 9(Vc)

  • 2010/04/30(金) 23:19:31

ユウ様レッスン♪

最近、音程がよくなってきて、曲らしく聞こえるようになってきたかな。(←親ばか99%)

前回同様、弓と弦が90°になっていなく、弓がだんだん下がってくる癖、というか、腕の長さが短いのが原因か。90°を保てる弓量で。しかし、90°、直角というせんせいの言葉は小学4年生に理解できているのか?

トナリぜーション
ごりごり弾かずに、弦を響かせて。力技を押さえて、柔軟性が大事。

「5 むすんでひらいて」○
次回は「6 クリスマスの歌」。


***************************

チェロを習い始めて2カ月。
はやく、パパと一緒に弾けるようになるのだ〜。



だんだんピアノ伴奏もむつかしくなっていくので、ピアノも練習しておかないと・・・。

LESSON 75

  • 2010/04/29(木) 23:15:39

今日もオケ曲。

しかし、最近、弾けてるかは別にして、というか、弾けてないけど、同じ曲ばっかり練習するのも飽きてきた〜 そろそろsuzuki教本にもどりたい今日この頃。早く6巻のラ・フォリア弾きたいよ〜。

Es-Dur音階と、シューマ○ sym.3 第1楽章。




とにかく、この「刻み」がついていけない。1小節約1秒だから、1秒に12音入れなければならない。
しかも、途中ひっかけ問題で、同じ音が4つ続くところがあり、そこで何回弾いたか混乱すること必至。
しかも、しかも、刻みの最後アップでおわるのに、次の付点2分音符をアップで弾くなんて、腕の自然な運動に反してます!!

弾き遅れても、拍頭で合わせること。
頭で考えていては遅れるので、体が自然に動く境地に達しないと。

LESSON 8(Vc)

  • 2010/04/20(火) 08:04:28

ユウ様のレッスン♪

最近、家での練習を見てあげれないけれど、レッスン前日に聞くと、1週間前から進歩ないじゃん。。。

「4 こぎつね」○
「5 むすんでひらいて」

移弦のときは右手全体で。
弓は弦に90°。だんだん下がってきている。
弓を大きく使って弾く練習も。
ピチカートは中指か人差指で。


移弦のときの音をきれいに繋げるのは、バイオリンと同じく難しいです。

次回は「6 クリスマスの歌」も。

LESSON 74

  • 2010/04/19(月) 00:52:11

今日もオケ練対策。

明日は、ショパ○ピアノコンチェルトが予定されているので、前前回みてもらった1楽章はおいておいて、3楽章。

とにかく、1つ1つ、表現方法を指摘。
丸い音?マルカート?がでない。
アクセント記号の音形のような、鋭く入ってスッと消えていく音も苦手。
どうしてもべたーっと弾いてしまう。


指番号の確認も。
2,4ポジを使って1弦でまとめるようにしてもらうのですが、精度が確保できるか問題ですよ。。。

後半のシンコペーションのリズムがさっぱりわからん。
先生に弾いてもらっても、風のように流れていくだけで、手の届くところにやってきません。。。


先生の見本を聞いてため息ばかりのレッスンでした。トホホ。。。

LESSON 7(Vc)

  • 2010/04/13(火) 07:45:45

ユウ様のレッスン♪

進歩があるような、ないような。。。
力でねじ伏せるような演奏がパパに似たか。。。

曲は「3 ちょうちょう」は合格で、次回は「4 こぎつね」と「5 むすんでひらいて」。

ぼけーとレッスンを横で聞いていて、ふと疑問。

ちょうちょう 『Lightly Row』
小ぎつね 『Song of the Wind』
むすんでひらいて 『Go tell aunt Rhody』

そう。英語名と和名が全然ちがいます。
それぞれ、外国の歌が日本に入ってきたときに、いろいろな歌詞がつけられ、そのなかで一番フィットしたものが今に残ってきたんでしょうね。



カウントダウンメーカー


にほんブログ村に参加中
ポチッとクリックしてね〜
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ