発表会終了

  • 2011/07/30(土) 11:57:24

本日は、小生の先生+お友達先生の合同発表会。

30名弱で、バイオリンを中心に、チェロ1名(ユウ)、ピアノ数名と聴いている方にもいろいろバリエーションがあっておもしろかったのでは。

子達は小学生低学年が中心でほほえましい演奏。

小学生高学年から中学生?にかけては、suzuki4,5巻から。
エックレスのソナタは良かった〜。あんなビブラートを目指さないと。

結果は、以下のとおり。

テルテル







ユウ







*子達に録音を頼んだので、がさごそと雑音が入っています。。。

冷静に、冷静に、と言い聞かせて舞台に立ったものの、演奏スピードは普段の練習の×1.2。。。ピアノ伴奏様よくついてきていただきました。

ユウは初めての発表会で、無伴奏、しっかり弾いてました。
始めてからの時間を考えると、頑張っているのでは。親のひいき目含。

個人的には、今日の発表会までかけてきた練習内容を考えると、不甲斐ない結果。
点数つけると60点くらい。
楽譜も置いているのに、普段ではありえないところで弾き間違えるし。
ビデオを見ると、ボーイングがちっちゃいし、ちょこまかこそこそ動きまわってるし。下半身をどっしり構えて不要な動きは減らさないと。

オケとは違って1人で勝負するのはやはり大変。。。右手が震える緊張の中で普段どおり弾けるようになるのも大きな課題。。。でも、これを積み重ねて度胸も技術も成長していくんでしょうね。

いまからの練習内容は未定ですが、やるべきことは山ほどあるので、また新たな気持ちでスタートです。

レッスン番外編

  • 2011/07/28(木) 23:45:01

「番外編」というか、レッスンそのものなんだけれど、ピアノの先生のところへ行ってきました。

ピアノの先生は、小生が働きはじめてから2年間ほど見ていただいていた先生で、今回の伴奏者を紹介していただいたのでした。

小学校の時は、音符を追っていただけのピアノレッスンでしたが、大人になって出会った先生は、ひとことで言うと「情熱的」。
歯に衣着せぬ発言は、時には心に矢が刺さって(T_T)泣きながら帰る日もありましたが、音楽の楽しさや奥深さを教えてくれた人です。

先生はバイオリンはもちろん弾けないけれど、ある意味素人的に、この音は大事に、とか、ここの和音をきれいに、、、など、バイオリンの先生とはまた違った視点で指摘してもらえます。もちろん、技術的にそれはちょっと無理、、ってなこともさらっと言われますが(;_;)/~~~


発表会まで、ピアノとの合わせを5回、うち、レッスン3回と、かなり日程を取ってもらいました。
合わせば合わすほど、緊張感というか精神的には楽になり、これが一番効果大。
大きなところが合うと、細かいところもいろいろ気がつくようになるけれど、キリがないので。。。

発表会は一応トリ。
華々しく散って、いや、飾ってみせますよ(^v^)

LESSON 100

  • 2011/07/22(金) 23:39:26

おおー(^O^)/記念すべき100回目レッスン。
3年半で100回。。。最近レッスン密度が減っているけれど、ペース遅い?

ま、通過点ですが。

記念すべき、100回目はたまたま、発表会に向けた伴奏者付きレッスン。
伴奏は、昔習っていたピアノセンセに紹介していただいた方。
昔、一緒にピアノの発表会に出ていたらしい。。。

さて、これまで3回合わせてきて、今日は本番モードでレッスンに臨んだつもりが、、、前のレッスンの方が聴いていたからか、久しぶりのレッスンだからか、、、緊張のあまり、へろへろギコギコ。。。

いつもいつも思うのですが、いつもと違う環境でいつもどおりの演奏をすること、、、これも演奏能力ですね。

「音が汚い」byセンセ  (+o+)

おっしゃる通り。
来週発表会なのに目の前真っ暗。。。

伴奏者との合わせもそこそこに、一音一音の音色、腕の使い方、奏法などなど。


発表会まであと1週間。。。演奏順序は最後だって。。。暗譜はしたものの、舞台に立った時に頭まっしろになりそうな予感。。。


練習は本番のように、本番は練習のように。。。。1週間、死ぬ気で練習しやす。

LESSON 66(Vc)

  • 2011/07/21(木) 23:44:23

ユウ様レッスン。

発表会向けレッスン。

4巻 メヌエット(バッハ) 無伴奏です。

今日で発表会前レッスン終了。

LESSON 65(Vc)

  • 2011/07/14(木) 23:42:34

ユウ様レッスン。

発表会向けレッスン。

4巻 メヌエット(バッハ) 無伴奏です。

内容は紙面の都合により割愛。。。

カウントダウンメーカー


にほんブログ村に参加中
ポチッとクリックしてね〜
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ