初 メンテナンス

  • 2009/09/03(木) 07:58:02

バイオリンを購入して(正確には「購入してきてもらって」)1年半。

「1ヶ月後には点検に持っていってくださいね」、と師匠にいわれていたのですが、月日は流れ1年半。。。

とうとう、夏休みを利用して大阪天満橋まで行って来ました。

アトリエ山口
さんです。

ハルハルをお供に引き連れてだったので、駅からの徒歩がなかなか難関やった。。。
しかし、100円自販機がやたら多いのにはびっくり。

そんなことはさておき、10時30分に到着。
ビルの一室にあるこじんまりした工房ですが、中身はなかんか濃ゆいです。
バイオリンの製作だけではなく、絵画や絵本など文化的な交友もお広いようで、いろいろお話していただきました。


楽器の調整と弓毛の張り替えをお願いし、一旦、家へ帰宅。
家にバイオリンがないのが、不思議な感覚。
しかたがないので、ピアノを弾いてみたり。


夕方に取りに行くと、これから大フィルのコンサートに行くというお客さんが来られていて、待ち時間にいろいろお話させていただきました。
びっくりしたのは、自分の先生のことをご存じというか、オケのエキストラで共演したということ。
奈良の大学の方で近くだったからか、先生の行動範囲が広いのか、世間は狭い。

駒の傾き調整と、駒のE線部の補強(象牙?)、テールピースの剥がれの修理をしていただきました。


初めて、弓毛と弦の張り替え、楽器のメンテナンスを終え、どきどきしながら生まれ変わったであろうバイオリンを弾いてみると、、、
やっぱり、スカッといく(噛んでない)ところは直りませんでした。
楽器のせいにしてごめんよ。自分の技術不足でした。


次回メンテは、来年の夏休みか。。。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
カウントダウンメーカー


にほんブログ村に参加中
ポチッとクリックしてね〜
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ